リタイア後の収入はどう得る?!早い時期からのマンション経営

年金不足もありえる将来

高齢化社会を迎えるにあたり、年金も満額が支給されるかわからない経済情勢になっています。そのため企業をリタイアした後も安定した収入を得て、年金不足分を補える方法を考えることが重要になっています。定年後にアルバイトをおこなっている人もいますが、年々年齢を重ねていくことになるために体力的にも大変になってきます。風邪をひいたり、怪我をして欠勤した場合には、その分の収入が減ることになるために安定した収入とも言いにくいです。

若いうちからマンション経営を考える

そのため若いうちから、勤労収入以外の部分で、安定した収入を得るために手当てしている人もいます。そのひとつのマンション経営があります。自分でマンションを所有して、そこに入居する住人の賃貸収入を得ることができます。初期投資として土地やマンションの建築費用等、高額になります。そのため金融機関から借入をするケースが多いですが、借入金を賃貸収入で返済した後は、全て自分の利益収入になります。この返済までの期間を考慮して若いうちから投資する人もいます。

マンション経営の収支計画

またこの収入が安定的に入手できるためには、マンションの場所や交通の便、近くの商業圏の状況によるところが大きいです。便利な場所には入居者が多く見込めますし、設定する家賃も一般的に高額に設定することができます。一方ではそのような場所の土地の値段が高くなるために、収入面を考慮し無理をしないで計画期限までに返済できる土地を購入して建築することが大切です。また空室ができないような工夫と、メンテナンス等のマンション管理も専門会社と契約をして代行してもらうことも考える必要があります。

収入の1つとしてマンション経営をお考えの方もいると思います。そんな時には、まずどのエリアでマンションを購入するか決めて下さい。エリアによって金額も利益も変わってくるからです。