中古マンションの選び方を知っておこう

物件のクオリティをチェックできる目を持つ

中古マンション市場は今後も盛り上がっていくことが確実視されています。なので、買う側も不動産の知識を身につけておいた方がいいでしょう。価格の安さだけに目を向ける人が多いですが、それだけを追求していてはいけません。物件のクオリティをチェックできる目を持ちましょう。中古マンションの選び方を知っておくことは常識です。知っておきたいことは色々ありますが、まずは築どれくらいの物件がいいのかを知っておきましょう。

築5年から10年程度が狙い目

理想なのは、築5年から10年程度の物件です。築15年を超えた物件の方が安いと言う人も多いですが、そう言う物件は注意が必要になります。一般的なマンションの場合、築15年を超えると大規模な改修をしなくてはいけません。なので、買ってすぐに大規模修繕をすることになる可能性があるわけです。費用の負担が必要になるかもしれません。しかし、築5年や10年程度の物件なら、大規模修繕はまだまだ先です。余分な出費もないでしょう。

値引き交渉をしてみよう

ちなみに、売りに出された中古マンションには、当然ながら売る理由があるわけです。一刻も早く売却したいと言う売主も少なくありません。なので、値引き交渉をすると応じてくれる確率がかなり高いです。値段交渉をして損はないでしょう。しかし、100パーセント値引きしてくれるわけではありません。値引きが難しければ、その他のサービスをしてくれないか交渉してみましょう。たとえば、壁紙の張り替え代を無料にしてもらうなどです。

リノベーションマンションとは中古のマンション内に手を加えて新品同様な見た目に戻すリフォームの一種です。