知って役立つ!注文住宅のキッチンデザインのテクニック

主要設備の配置が重要!コンロやシンクなどの配置

注文住宅を建てる上で、重視したいのがキッチンですね。キッチンが使いやすいと、毎日の調理の負担が軽減できるでしょう。キッチンデザインで心掛けたいのが、コンロとシンク、さらに冷蔵庫のレイアウトです。これらは、キッチン設備の中で用いる主要なものです。そのためこれらをどのように配置するかにより、キッチンの使い勝手が大きく変化します。キッチン内での動きを確認し、動作の妨げにならないような注文住宅のキッチン配置を心掛けるのがコツですね。

バランス感覚が必要!?注文住宅キッチンの通路幅

調理中には、キッチン内で頻繁に行き来します。そこで注文住宅のキッチンデザインでは、通路の広さをどの程度にするかの判断が必要ですね。通路幅が広いほど、キッチン内での行き来が楽です。しかし限られたキッチンスペースの中で通路幅を広くすると、今度は設置できるシンクなどの設備の大きさや数が限られてしまいます。そこで注文住宅で調理しやすいキッチンをデザインするためには、通路幅について微妙なバランスが影響します。

注文住宅のキッチンの広さが影響!?キッチン内の配置

注文住宅でのキッチンデザインでは、定番のレイアウト方法がいくつかあります。シンプルであるのは、I型レイアウトですね。これは、キッチンの壁に対してシンクやコンロ、調理台などを一直線に配置するものです。スペースが狭いキッチンに向いています。ただし移動する距離が長くなるため、調理効率に問題があるでしょう。一方でU型のキッチンレイアウトは、身の回りにすぐ調理器具があるため、作業効率に優れています。ただし、注文住宅のキッチンに広い間取りが必要です。

注文住宅とは建築主が自分の要望を伝え、希望通りに施工してもらう住宅のことです。建売と異なり、部屋数や間取りを好きなようにできるのが特徴です。